不動産総合プロデュースならメソッド株式会社へ


 

建物のグレード感に合致した「ハイグレードな構造体」を合理的に実現する、中間階に免震層を配置した高性能制振構造を採用致しました。
(Structural Vibration Control of Soft Midle Story)
一般的な超高層建物のように数多くの制振装置(ダンパー)を配置するのではなく、中間層に免震層を設けることで、建物全体で効率よく制振効果を発揮します。

■ 建物全体の高減衰化 
TMD効果(TMD=Turned Mass Dampe/免震層で集中的にエネルギーを吸収)により高度な耐震安全性と居住性を合理的に実現します。

■ 構造種別の最適化

住宅部分:居住性→RC造、事務所部分:大スパン化→S造(トランスファーガーダーでスパン切替)により、高層種別の最適化をします。
この、ハイブリット制振では、免震層より上層部は免震効果により地震時の揺れが小さくなり、一方、免震層より低層部でも、
振り子理論の効果で、一般的な超高層建物(制振構造)よりも揺れを小さくしています。




法令改正及び今後の避難安全・耐火性能検証法により、記載されている内容に関して、一部変更が生じる場合がありますので予めご了承ください。


 
  お問い合わせ/03-3323-4111メソッド株式会社/担当野村まで  

(C)Copyright 2011, Method Co.,LTD. AllrightReserved.このサイトコンテンツの無断転用を禁じます。